前橋教会 前橋教会 前橋教会
前橋教会からのメッセージ

おとなたちへ

わたしたちはお金で買えるしあわせを提供することはできません。

でも、お金では手に入らないゆたかさなら、どこで手に入れたらよいかを知っています。

こどもたちへ

わたしたちは受験に役立つ知識を教えることはできません。

でも、生きる上で大切な知恵なら、だれが教えてくれるかを知っています。

共に歌うことの楽しさ、

信じることのゆたかさ、

愛することのあたたかさ、

そんなことを大切にしたいと願っている教会です。

ごあんない

<次週の主日礼拝>
2019年9月22日(日)
こども礼拝 9:00

午前10:30  
メッセージ
「新しく創造される」
    川上 盾 牧師
     
2019年9月行事予定表

先週の礼拝メッセージ

『 赦しと期待の中で 』
2019年9月1日(日)
ルカによる福音書13:6-9

「これもさんびか」の新曲で、こんな歌がある。「♪私は何かを作り出せるから生きていていいのではなくて/私の命は神さまが造られたものだから/ただそれだけで生きていいのだ/生きてゆくのだ/これでいいのだ♪」(「わたしのいのち」中川宗洋)相模原市の津久井やまゆり園事件や、国会議員による「生産性発言」(「同性愛カップルには生産性がない」と発言)のような、「社会の役に立たない人間は存在価値がない」という風潮に対して、「そうではない!」というメッセージが込められている。

キリスト教は「隣人愛」や「共に生きる」ということを大切にする宗教である。しかしそれは一方で「人の役に立つ人間にならなければならない」という意識につながりやすい。間違っているわけではないが、そこからこぼれおちてしまう大切な視点があることも、忘れないようにしたい。

今日の箇所は「実をつけないいちじくの木」のたとえ話である。
続きを読む »