前橋教会 前橋教会 前橋教会
前橋教会からのメッセージ

おとなたちへ

わたしたちはお金で買えるしあわせを提供することはできません。

でも、お金では手に入らないゆたかさなら、どこで手に入れたらよいかを知っています。

こどもたちへ

わたしたちは受験に役立つ知識を教えることはできません。

でも、生きる上で大切な知恵なら、だれが教えてくれるかを知っています。

共に歌うことの楽しさ、

信じることのゆたかさ、

愛することのあたたかさ、

そんなことを大切にしたいと願っている教会です。

ごあんない

<次週の主日礼拝>
2020年2月16日(日)

こども礼拝  10:30からの合同礼拝 ↓

主日礼拝 午前10:30(CS合同礼拝)
メッセージ
「ずっと言えなかったんだ」
川上 盾 牧師

教会フォーラム「性の多様性について学ぶ」

 

2020年2月行事予定表

聖歌隊練習用ページ

先週の礼拝メッセージ

真理はわれらに自由を与える 』
2020年2月9日(日)
ヨハネ8:21-36

ハーバード大学のスクールモットーは“VERITUS”。「真理」を表すラテン語である。元は会衆派の神学校であり、ヨハネ福音書のイエスの言葉「真理はあなたたちを自由にする」から取られたスクールモットーである。

真理とは何だろう?そこには二種類の真理がある。一つは「客観的(科学的)真理」。地球が丸い球体であり、自転しながら太陽の周りを公転している(地動説)、というのがこの類の真理である。しかし中世では頑迷な教会の教えの元で、この考え方は異端と退けられた。宗教裁判で自説の撤回へと追い込まれたガリレオは「それでも地球は回る」と言ったという。「私がたどり着いたこの真理には、絶大な教会の権威をも凌駕する力がある」という信念が表されている。

一方、聖書の示す真理とは、いつでも誰でも必ずたどり着ける客観的な真理とは少し異なるものである。それは出会った人・信じる人にのみ通じる「主観的(主体的)真理」と呼べるものであろう。
続きを読む »