前橋教会 前橋教会 前橋教会
前橋教会からのメッセージ

◆4月18日(日)の礼拝は休まず行ないます。

 主日礼拝 10:30

          

礼拝にあたっては、座席の距離、換気、消毒等にできる限りの注意を払います。

マスク、飲み物は各自ご用意下さい。

発熱のある方、体調のすぐれない方は、礼拝への出席をお控え下さい。

          

◆当面の間、サテライト礼拝の形式で行ないます。

 プログラムは下記の通りです。

<サテライト礼拝プログラム>←礼拝式順

<2021年4月教会カレンダー>←聖書日課・讃美歌

          

ごあんない

<次週の主日礼拝>

離れいてもつながって、共にささげる礼拝
(サテライト礼拝)

2021年4月18日(日)
主日礼拝 午前10:30

<サテライト礼拝プログラム>

メッセージ
「 しるしと、信じる心 」
楠元桃伝道師

礼拝の様子とメッセージは
ライブ配信されます。
↓ ↓ ↓ ↓

4月18日主日礼拝ライブ配信

先週の礼拝メッセージ

『 新しい天と地で喜び踊れ 』
2021年4月11日(日)
イザヤ書65:17-25

池江璃花子選手の復活劇には、大きな感動を与えられた。しかしこの感動の物語を、コロナ状況の心配がある中で東京五輪を強行する口実にはしてはならないと思う。本当に安全が見込めて、十分な体制が取れるのであれば、開催すればいい。しかし大阪・東京では感染爆発・医療崩壊の兆しがあり、フランスは全土ロックダウン、ブラジルでは一日の死者が3000人を超える現状は、とても世界的イベントを開催できる状況とは言えないだろう。池江選手には商業主義のド派手な五輪ではなく、純粋な水泳の競技大会(世界選手権)において、存分の力を発揮してもらいたい。

今日の聖書はイザヤ書65章、イスラエルの民がバビロン捕囚の苦しみから解放された時期に活動した、第3イザヤによる預言の言葉である。ユダヤ人は捕囚の苦役に耐え、ついに自由の時、解放の時を迎えた。しかしそれは必ずしも、すぐさま大きな喜びへとつながるものではなかった。荒廃した祖国、干ばつと穀物の不作、飢饉による物価の高騰…そんな厳しい現実が待ち受けていた。荒れ果てた祖国に帰り途方に暮れる人々…。そんな帰還者たちに対し、それでも希望を失うことなく、神が開いて下さる未来に目を向けて生きるようイザヤは語りかけるのである。

続きを読む »

4/11主日礼拝メッセージ動画