前橋教会 前橋教会 前橋教会
前橋教会からのメッセージ

おとなたちへ

わたしたちはお金で買えるしあわせを提供することはできません。

でも、お金では手に入らないゆたかさなら、どこで手に入れたらよいかを知っています。

こどもたちへ

わたしたちは受験に役立つ知識を教えることはできません。

でも、生きる上で大切な知恵なら、だれが教えてくれるかを知っています。

共に歌うことの楽しさ、

信じることのゆたかさ、

愛することのあたたかさ、

そんなことを大切にしたいと願っている教会です。

先週の礼拝メッセージ

『 人の笑い、神の笑い 』
2018年11月11日(日)
創世記18:9-15,ローマ9:6-9

「約束の言葉は『来年の今ごろ、サラには男の子が生まれる』というものでした。」(ローマ9:9)パウロはこの言葉を、神の約束の確かさを示すものとして引用している。ところが大元のアブラハム物語では、アブラハムもサラもこの約束の言葉を「(隠れて)笑った」と記される。

この態度を神によって指摘され、そのため生まれてくる子どもに「イサク(笑う)」と名付けるよう示された。これは神の叱責・懲らしめなのだろうか?もしそうだとするならば、二人の笑いは「不信仰・不謹慎」の極みとなってしまう。しかし「笑い」とは神から与えられた豊かな感情表現でもある。そこで今日は「笑い」について考えてみたい。続きを読む »