前橋教会 前橋教会 前橋教会
前橋教会からのメッセージ

おとなたちへ

わたしたちはお金で買えるしあわせを提供することはできません。

でも、お金では手に入らないゆたかさなら、どこで手に入れたらよいかを知っています。

こどもたちへ

わたしたちは受験に役立つ知識を教えることはできません。

でも、生きる上で大切な知恵なら、だれが教えてくれるかを知っています。

共に歌うことの楽しさ、

信じることのゆたかさ、

愛することのあたたかさ、

そんなことを大切にしたいと願っている教会です。

ごあんない

<次週の主日礼拝>
2017年10月22日(日)午前10:30
主日礼拝
メッセージ
「 油を断やさない生き方 」
      川上 盾 牧師
 
2017年10月行事予定表

先週の礼拝メッセージ

『 信じて従う主の民 』
2017年10月15日(日)
ヨシュア6:1-5,ヘブライ11:17-22,29-31

ヨシュア記に記された「エリコの闘い」は大変不思議な、荒唐無稽な物語である。ヨシュアに率いられたイスラエルの人々は、エリコの強固な城壁を、「鬨(とき)の声」を挙げることによって崩したというのだ。神の導きを信じて従えば、思いもよらない奇跡が起こることを示すのだろうか。

しかし歴史の中では、何度もこのような出来事が実現した。ベルリンの壁を崩したのも、アメリカ社会で白人と黒人を分断する「隔ての中垣」崩したのも、自由と解放を求める人間の声であった。信じて歩む人の声は、しばしば壁を打ち壊し、人々を新しい世界へと導いてくれる。

今また人と人を分断する新たな形の壁が築かれつつある。パレスチナで、アメリカ・メキシコ国境で、難民流入を憂える国々で、そして北東アジアの現実の中で。けれどもそんな現実の中を「信じて従えば、神の導きによって奇跡が起こる」という信仰によって導かれ、人の声の力で壁を乗り越えていきたいと思う。

創世記・アブラハムの物語も、神に信じて従う人の歩みを示している。続きを読む »